コラム | 全身脱毛サロン【恋肌(こいはだ)】

恋肌コラム

どれくらいかかる?全身脱毛にかかる期間について

脱毛を検討する際に気になるのが「完了するまでの期間」についてです。

期間がわからないと水着になる日から逆算していつからいけばいいのかとか、どのくらいお金がかかるのかがわからないなど、なかなか前に踏み出せません。

 

かつて「数年かかることもある」といわれた脱毛ですが、最近では技術が発達し、より短期間で完了できるようになりました。

今回は、なぜ脱毛完了までには時間がかかるのかについて。

さらに、短期間での施術が可能な最近の脱毛について詳しくご紹介します。

■全身をツルツルにするには1回じゃダメ?

脱毛は一度の施術だけでは完了せず、一定の回数サロンに通い続け、施術を複数回受けなければなりません。

その要因は、毛周期と呼ばれる毛が生えるサイクルが関係しています。一度の施術でも、今生えている毛は一度抜けて、細くて薄い状態になるのですが、毛を薄く目立たなくするためには、毛が生えなくなるまで繰り返し施術をする必要があるのです。

肌表面から見える毛のほとんどが成長期の毛なので、抜けてから少しの期間は毛がなくなったようにみえます。しかし、その後別の周期の毛が出てきてしまうため、一度の施術だけでは脱毛を完了させることができないのです。

 

■毛周期とは?

ここで脱毛の期間と密接に関わっている、毛周期について詳しく説明します。

毛周期とは、毛が生えるサイクルのことで、大きく4段階に分けることができます。

 

1つ目が毛が成長し始める「成長初期」の段階。

2つ目が毛が成長している「成長期」の段階。

3つ目が成長が止まって抜け落ちる「退行期」の段階。

4つ目が発毛を停止している「休止期」の段階。

 

この中で最も脱毛の効果を上げられるのは「成長期」の段階です。休止期に入っている毛は、全体の3分の2程度ありますが、これらの毛は成長期に移行しないと施術することができません。

つまり、脱毛がおこなえるのは、体の外に出た「成長期」の段階の毛だけ。そのため、1回の施術ではムダ毛をすべて処理することができないのです。

 

脱毛の施術は、成長期の毛が表皮に十分出てきた段階で取り除くという流れを繰り返します。

毛周期は体の部位や年齢、性別によって個人差はありますが、眉毛やまつ毛だと生え変わるまで約2ヶ月、手や足に生えてくる毛だと約3~5ヶ月、髪の毛だと数年かかるといわれています。

 

■脱毛完了までの平均的な期間

では、脱毛完了するまでにいったいどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

 

かつては、脱毛完了までに2~3年かかるのが一般的でした。通う頻度は部位によっても異なりますが、だいたい2~3ヶ月に1回。以前は、脱毛完了までにかなりの期間、脱毛サロンに通い続ける必要があったのです。

 

脱毛方法には「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類が有名ですが、低刺激の光脱毛は、完了までの期間が長いというデメリットがありました。

 

しかし、最近では技術が発達し、より短期間で脱毛を完了させられる光脱毛の機器が開発されています。

施術の間隔が最短2週間に短縮され、全体で6ヶ月という短期間で完了するコースも生まれています。(「恋肌」の光脱毛は、そんな短期間での施術を実現しているサービスのひとつです)

 

脱毛期間は値段や予定を左右する重要な要素です。最近は、以前のように数年単位、長期間も通う必要は少なくなってきているといいます。

 

施術完了までの期間が長く、なかなか脱毛に挑戦できないという方もいらっしゃると思います。

カウンセリングで「自分は、どれぐらいの脱毛の回数・期間が必要なのか?」聞いてみましょう。あなたに合った、脱毛のプランがきっとみつかるはずです。

 

 

 

 

 

恋肌コラム

PAGE TOP