恋肌コラム

高校生でも脱毛できる?気になるメリットと注意点について解説!

掲載日:2020年11月25日 更新日:2020年11月25日

高校生でも脱毛できる?気になるメリットと注意点について解説!

思春期の体の変化とともに「ムダ毛」が目立ちやすくなるのが、高校生。
好きな相手ができたり、友達とコミュニケーションを取ったり、部活に打ち込んだりと、高校生生活のどの場面を切り取っても、毛に関する悩みを持つ人は少なくありません。

好きな人にアタックしたい、友達の目を気にせずに遊びたい、部活やプライベートでムダ毛を気にせず薄着になりたい、そんな悩みを解決してくれる「脱毛」ですが、高校生は脱毛を受けられるのでしょうか。
そのメリットとデメリット、注意点について詳しく解説します。

高校生でも脱毛できる?

高校生であっても、保護者の方の同意と承諾をいただくことで脱毛を受けることは可能です。
脱毛は病気の治療ではないため保険適用外であること、費用が思ったよりも高額になる場合があること、未成年が脱毛の契約をする場合は必ず保護者の同意書が必要になることなど、注意点が多いので気を付けましょう。

そのため、高校生の方は脱毛を受ける前に必ず「未成年同意書(未成年契約同意書)」を脱毛サロンに提出しなくてはなりません。
脱毛サロンによってカウンセリング時・契約時にそれぞれ保護者同伴のもとでなければ契約ができない場合もありますが、恋肌の場合は保護者が記入した同意書をカウンセリング時に提出するため、保護者同伴が必須条件というわけではありません。
しかし、保護者の方が記入した同意書がないと契約することができないため、忘れないようにしましょう。

また、恋肌では15歳になっていれば脱毛を始められますが、高校生の場合これを満たしているので問題ありません。

高校生が脱毛サロンに通うメリットとデメリットとは?

続いては、高校生が脱毛サロンに通うメリットとデメリットについて、それぞれ詳しく見てみましょう。

メリット

高校生が脱毛サロンに通うメリットは、次のことが挙げられます。

  • 早く脱毛をスタートできる
  • 脱毛費用がお得
  • 肌トラブルを防げる

まず一つ目。高校生のうちに脱毛をスタートすると、ムダ毛の悩みを少しでも早く解決することができます。
高校生は思春期にあたり、恋人ができたり人の目を気にしたりするようになるため、ムダ毛がある・体毛が濃いことが気になるなど、毛に関する悩みも多いでしょう。

人によっては、きれいに自己処理ができないために肌が荒れてしまったり、人の目を気にするあまり学校に行きづらくなったりすることも。
こうした思春期の悩みを解消してくれるのが、脱毛サロンです。

ただ、ホルモンバランスの変化により、後になって毛が生えてくることも十分に考えられるため、その点については気になった場合には、カウンセリングの際に脱毛サロンに相談すると良いでしょう。

そして二つ目。高校生のうちに脱毛サロンに通うと、早く施術をスタートできるだけでなく、その費用もお得です。
高校生の方は「学割」を利用できるため、脱毛サロンにかかる料金が安くなったり、学生だけが利用できるお得なパックプランがあったり、友達を誘って脱毛サロンに通うとお得になる割引キャンペーンも利用できるため、総額で考えると万単位の料金を節約できるというメリットがあります。

また、大学に進学したり卒業後就職したりすると、学校生活や就職活動などで一気に忙しくなり、脱毛に通いづらくなる可能性もあるでしょう。
さらに、恋肌であれば高校生(学生)のうちから脱毛をスタートさせると、社会人になってもそのままの料金で施術を受けられるため、卒業後に脱毛を始めるよりお得です。
このことからも、比較的時間を使える高校生のうちに脱毛を済ませておくことをおすすめします。

最後に三つ目。
高校生のうちに早く脱毛を受けておくと、間違った自己処理による肌トラブルを防ぐことができ、ムダ毛のないきれいな肌を保てます。

前述のとおり、高校生は人の目が気になりやすい時期であり、自分の体毛が気になってカミソリや毛抜きを使って自己処理を始めることも多いでしょう。
しかし、こうした自己処理は肌を傷つけやすく、毛嚢炎(もうのうえん)や埋没毛といった肌トラブルが発生しやすくなります。

こうした点からも、高校生のうちに早く脱毛を受けるメリットは多くあると言えるでしょう。

デメリット・注意点

続いては、デメリットと注意点についてご紹介します。

  • 施術方法に注意
  • 必ず保護者の同意書が必要

脱毛サロン、クリニックによってさまざまな方法で脱毛を受けることができますが、その中に「レーザー」を使った脱毛方法があります。脱毛効果が高いと評判の一方、授業・部活動などで日焼けをしやすい高校生には肌への影響が強くなる可能性があるため、肌の状況を見ながら判断する必要があります。

また、前述のとおり高校生が脱毛を受ける際には、必ず保護者の同意書が必要です。
アルバイトをして脱毛を受けるための資金を貯めても、保護者の同意を得られなければ施術を受けられないことを知っておきましょう。

脱毛でキレイになるのにどれくらい期間がかかるの?

脱毛でムダ毛をなくしてきれいになるまでにかかる期間は、個人差がとても大きいと言えます。そのため、一概に「何回通えば良い」とは言えません。
どのような方であっても、きれいな肌にするためには複数回施術を受ける必要があります。

脱毛サロンでは、6回からのプランが一般的。
この6回も、脱毛サロンによって決められた間隔をあけて施術を受ける必要があるため、半年以上かかる場合も少なくありません。
その後、12回・18回などのプランが続きますが、より徹底してムダ毛をなくし、きれいな肌にしたいという場合は回数が多い方がおすすめです。

多くの脱毛サロンでは1~2ヵ月に1回程度の頻度で通うことになっていますが、恋肌であれば来店ペースは早くて2週間からとなっているため、全身脱毛であっても、最短わずか3ヵ月で施術を全て受けることができます。

その後、肌のようすを見ながらさらに追加で施術を受けることもできますが、恋肌は脱毛効果の高い脱毛器を導入しているため、他の脱毛サロンに比べて短期間で脱毛を完了することが可能です。

保護者の理解を得るにはどうすればいい?

高校生が脱毛を受ける際には保護者の同意が必ず必要ですが、保護者が同意してくれないこともあるでしょう。
保護者側にも同意できないさまざまな理由が考えられます。

肌へのリスク、安全性についての不安がある

特に多いのが、成長途中とも言える高校生にとって脱毛は肌を傷つける恐れがあるのではないかということです。
親が子を思う気持ちとして当然ですが、多くの脱毛サロンではリスク回避や安全性への取り組みについて徹底しており、痛みをほとんど感じない脱毛器を使ったり、万が一に備えて医療機関との連携を行ったりしています。

これらの取り組みについて理解してもらい、安全性について問題がないこと、万が一の場合はすぐに医療機関で対応してもらえることを伝えると良いでしょう。

費用面

契約する脱毛のプランによっては、お小遣だけで支払うことができない場合もあるでしょう。高校生の場合、アルバイトをして自分で費用を工面できる方もいれば、アルバイト禁止の高校に通っている方もいます。そのため、多くの場合は保護者に負担してもらうことになるでしょう。

脱毛にかかる費用は、実は学生のうちがとてもお得。
前述のとおり高校生であれば学割を利用できたり、紹介キャンペーンで友達や親子で通ったりできるため、卒業して社会人になってから通うのとは、かかる費用に大きな差がつきます。
「高校生の今だからお得」ということを伝えてみると良いでしょう。

年齢について

「高校生で脱毛なんて早すぎる」という保護者の声も少なくありません。
しかし、今では美に敏感な子どもが増えたことで小学生のうちから脱毛をスタートすることも珍しくなくなりました。
友達と話していて顔の産毛が気になる、水着が着られない、薄着ができないなど、自分が抱えているムダ毛に関する悩みを正直に打ち明けてみましょう。

また、高校生のうちは大学生・社会人に比べて比較的時間の融通が利きやすいと言えます。就職活動や大学生活、アルバイト、仕事など、高校卒業後は新たな生活が始まるため、今のうちに悩みを解消しておきたい、自信を持って就職活動に臨みたいなどの理由も効果的でしょう。

高校生におすすめの脱毛方法とは?

恋肌の脱毛についてはこちら最短3ヵ月で脱毛完了する

続いて、さまざまな脱毛方法と、そのうち高校生にはどの脱毛方法がおすすめなのかをご紹介します。
それぞれにどのような特徴があるのか、なぜ高校生におすすめなのかその理由も交えて見てみましょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、電流を流したニードル(針)を使った脱毛方法です。
針を毛穴に差し込み、毛が生えてくる要因となる毛乳頭を破壊し、そこから再び毛が生えないようにします。
非常に効果は高いもののとても痛みが強く、費用も高額なのがデメリットのため、高校生にはおすすめできません。

レーザー脱毛

黒い光に反応するレーザーを放つ脱毛器を使った脱毛方法です。
黒いムダ毛に当てて反応させ、その熱の効果で毛乳頭を破壊します。脱毛効果が高い反面痛みを伴う場合があり、費用もエステの光脱毛に比べて割高になることがあります。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

多くの脱毛サロンで扱われているのが、光脱毛です。
光脱毛にもさまざまな種類がありますが、恋肌では非常に効果の高い「THR方式」の脱毛器を導入しています。
毛に反応する強い光を連続して放つことができる脱毛器のため効果が高く、なおかつ痛みもごく少ないという、メリットの多い脱毛方法です。
肌へのリスク、痛み、手間、脱毛に通う期間を考慮すると、THR方式の光脱毛は高校生に最もおすすめの方法と言えるでしょう。

高校生におすすめの脱毛プランとは?

恋肌では、高校生が脱毛を受ける際に「学割」を利用できます。
利用方法は、学生証を提示するだけ。

 

全身脱毛6回パック 全身脱毛12回パック 全身脱毛18回パック
89,820円(税抜)
→9,980円お得
170,640円(税抜)
→18,960円お得
242,550円(税抜)
→26,950円お得

どのプランでも、学生証を提示するだけでこれだけお得に脱毛を受けられます。

全身の62部位の脱毛が可能なので、非常にコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。
また、学生のうちに契約をしておけば、卒業後社会人になったとしてもそのままの金額で通えるため、早めにスタートするのがおすすめです。

さらに、恋肌では「お友達紹介割」を利用して、さらにお得な料金で脱毛を受けられます。
紹介された友達は契約するパックによって最大で50,000円割引に。紹介したほうは、お友だちが契約後の条件を満たすと20,000円の紹介料がもらえます。紹介する人数に制限はなく、友達以外にも家族、職場の先輩後輩など誰でも良いのも嬉しいポイント。
学生割引と友達紹介割引は併用不可ですが、ほかにも各種割引があるようなので、カウンセリングの際に詳しく教えてもらいましょう。
また、どの割引がいいのか分からないという方には、どれが一番お得か、専門のカウンセラーに気軽に相談してみてください。

記事まとめ

恋肌なら、高校生(学生)のうちに脱毛をスタートすれば、社会人になってもそのままの料金で通えること、最新のTHR方式の脱毛器を導入しているため他の脱毛サロンに比べてスムーズな脱毛が可能など、メリットがたくさん。

高校生で脱毛を受ける条件はいくつかありますが、それを差し引いても脱毛のスタートは早いに越したことはありません。
学割や友達紹介キャンペーンを利用してお得に、今のうちにムダ毛のないきれいな肌を目指しましょう。

まずは、無料カウンセリングを受けて、ムダ毛に関する悩みを相談してみてはいかがでしょうか。

※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当店の内容と若干の違いがある可能性がございますのでご了承ください。

無料カウンセリングはこちら

最新記事

コラム一覧へ

恋肌の全国SHOPデータ

各エリアに展開中!!

関東

東京都
神奈川県
千葉県
埼玉県
栃木県
群馬県
茨城県

近畿

大阪府
京都府
兵庫県
滋賀県

北海道・東北

北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
福島県

中部

愛知県
静岡県
岐阜県
三重県
石川県
新潟県

中国・四国

岡山県
広島県
山口県
島根県
香川県
愛媛県
高知県

九州・沖縄

福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

よくあるご質問

恋肌では脱毛に痛みはありますか?

日本人の肌に合わせた特注国産脱毛器を使用するので、痛くないのにスゴ抜け!

今までの脱毛器はゴムではじいたような痛みがひどく、途中で通うのをあきらめる方も多いと聞きます。恋肌は日本人の肌に合った最新の純国産脱毛器を使用しますので、ほとんど痛みを感じることはありません。施術中は眠ってしまう方もいらっしゃるほどです。

恋肌の脱毛が安いのはなぜですか?

美肌脱毛の効果の高さと、わかりやすく明確な料金表示の安心感が人気で、口コミやご紹介での来店が多く、過剰に広告費をかけずにすむことがお安く提供できる理由です。

恋肌では支払い方法は何がありますか?

現金、クレジットカード(VISA,マスター,JCB,AMEX)、各種ショッピングローンをご利用いただけます。VISA、マスター、ショッピングローンでは分割払いもご利用いただけます。なお、店舗により異なる場合がございますので、詳細はカウンセリングの際にお気軽にご相談ください。

恋肌では無理な勧誘がないって本当ですか?

恋肌は、「高い技術を低価格で」をモットーに営業しておりますので、料金は大変リーズナブルに設定してあります。また、エステにありがちな強引な営業や、望まない契約を組ませるなどは一切ございませんので、ご安心ください。

恋肌のドクターサポートとは何ですか?

恋肌では、大切なお客様への施術中の万が一の事故にすばやく丁寧に対応できるように医療機関とのサポート提携をしております。万が一の場合専門の医療機関で対応いたしますのでご安心ください。

もっと見る

新規カウンセリング専用ダイヤル:0120-133-7760120-133-776

10:00~21:00(年末年始などを除く)